トピックス

【お知らせ】「KIRIIアングルクランプ工法」を認定工法に登録

KIRIIアングルクランプ工法(製造:株式会社桐井製作所)が認定工法に登録されました。

音楽ホール、文化施設等の大空間にける天井は、「特定天井」に該当し「脱落によって重大な危害を生ずるおそれがある天井」と定められています。
音楽ホール等の天井を耐震化する方法は、音響性能の確保が求められることから、支持構造部と天井下地材を直接固定する「準構造耐震天井」で改修されることが主流となっており、本工法の認定に至りました。

なお、認定工法はJACCA耐震天井保証制度の対象となります。
保証制度は、大規模地震が発生し天井下地材が落下した場合現状復旧を保証するものです。
詳しくは耐震天井保証制度ページをご覧ください。

大規模地震の発生により音楽ホールにおける天井落下被害が繰り返し起きています。
日本耐震天井施工協同組合は、地震に強い社会の実現に寄与すべく天井の耐震化の必要性を訴え、耐震天井の導入と普及を推進して参ります。

※KIRIIアングルクランプの製品に関しては下記よりご確認いただけます。