天井耐震診断

天井耐震診断とは

JACCAで実施する「天井耐震診断」は、2012年4月より始めたJACCAオリジナルの天井の調査です。
天井の専門家としての視点で、「JACCA天井耐震診断士」が天井の調査および各基準に対する適合性の判定を行います。

非構造部材(天井)の下地材及び仕上材の現状を判断基準に基づいて報告します。

判断基準

  1. 「国土交通省平成26年告示第1073号(定期調査告示)」との適合性
    建築基準法第12条(定期調査報告制度)に基づいて現在の天井材の腐食、緩み、外れ、欠損、たわみ等の状況を調査・判断。
  2. 「公共建築工事標準仕様書 平成25年版 ※1」との適合性
    天井下地の耐震性を診断する前に天井下地として標準的な仕様との適合性を診断。
  3. 「国土交通省平成25年告示第771号等」との適合性
    国土交通省平成25年告示第771号等(平成25年8月5日)との適合性を診断。
  4. 「文部科学省学校施設における天井等落下防止対策のための手引」との適合性
    学校施設における天井等落下防止対策のための手引(平成25年8月7日)との適合性を診断。
  5. 「JACCA耐震天井仕様(国土交通省告示第771号対応)※2」との適合性
    JACCAが規定する国土交通省平成25年告示第771号等に適合する耐震天井の仕様に沿って、天井下地の耐震性を診断。

※1 国交省大臣官房官庁営繕部監修

※2 国土交通省新技術基準(平成25年告示等)に、JACCA独自の実験・研究より得られた知見を加えた耐震天井の考え方、及び具体的なJACCA認定耐震天井工法の仕様との適合性

調査者はJACCA天井耐震診断士に限ります。

JACCA天井耐震診断士
一級建築士、二級建築士、1級建築施工管理技士、2級建築施工管理技士および技術士の国家資格を有し、JACCA天井耐震診断士認定講習会を受講し試験に合格した者が認定の要件を満たします。
※講習会はどなたでも受講が可能です。

点検口またはキャットウォークから目視および測定により調査します。

診断対象部位は、吊り元、吊りボルト、野縁受け、野縁、Tバー(システム天井)、ブレース、クリアランス、開口部等であり、天井材等各部材の接合の状況や変形・錆等の有無を確認します。