トピックス

  • トップページ
  • トピックス
  • 【お知らせ】<建築物防災週間特集ページ公開>定期調査報告における天井裏の安全確認の重要性

【お知らせ】<建築物防災週間特集ページ公開>定期調査報告における天井裏の安全確認の重要性

2021年8月30日~9月5日は秋季建築物防災週間、2021年9月1日は防災の日です。

建築物防災週間では、建築物等に対する定期報告の徹底と適切な維持保全等が重点取り組み事項とされており、天井も定期調査報告の調査項目に含まれています。

多くの人が利用する特殊建築物等において、2015年に改正・施行された建築基準法第12条「定期報告制度」では建物所有者・管理者に特定天井の天井裏の劣化及び損傷の定期点検が義務付けられています。
しかし、法令通りに天井裏の各天井材の錆、緩みや外れを正しく点検されていないケースがとても多く、天井下地等が破損したまま施設が使用されています。

JACCAは建築物防災週間協力者として、天井裏を常時安全な状況に保つことの重要性をお伝えするため、建築物防災週間特集ページを公開しました。

-------------------------------------------------
≪建築物防災週間 特集ページ≫
-------------------------------------------------

【注目トピックス】
・建築物防災週間を運営される一般財団法人日本建築防災協会 専務理事 石崎和志様のインタビュー
 (定期調査全体の実施率、実施状況、建物管理者・所有者にむけたメッセージを掲載しております)
・天井裏の調査を行っているJACCA天井耐震診断士のインタビュー
 (現場でみる天井裏の実態、注意すべき耐震施工のポイントなどをお伝えします)

皆さまが所有・管理される建物の安全・安心を見直すきっかけになれれば幸いと考えています。