1. トップページ
  2. >
  3. トピックス一覧
  4. >
  5. 「建設通信新聞(8/6)に「高さ6m200㎡超対象/国交省 新築の天井性能検証」が掲載されました。」

トピックス

建設通信新聞(8/6)に「高さ6m200㎡超対象/国交省 新築の天井性能検証」が掲載されました。

建設通信新聞(8/6)に

「高さ6m200㎡超対象/国交省 新築の天井性能検証」

が掲載されました。

 

 国土交通省は5日、天井脱落防止措置の詳細を定めた「特定天井および特定天井の構造耐力上安全な構造方法」を告示した。新築は高さ6m、面積200㎡超、1㎡当たりの質量2㎞超の天井を対象に、性能を検証するルートを示している。2014年4月1日から施行する。

 告示では、安全上重要な特定の天井を、高さ6m超、面積200㎡超のつり天井などと規定し、▽耐震性を考慮した天井の仕様に適合▽天井の耐震性を計算▽時刻歴応答解析などによる検証--という3種類の検証方法を提示。検証のための計算式などを告示で示した。

 既に天井落下対策を規定する「建築基準法施工令一部改正政令」は7月12日に交付している。

(2013年8月6日:建設通信新聞)

※同紙のサイトはこちらから ⇒ http://www.kensetsunews.com/



 


2013年08月06日 更新