1. トップページ
  2. >
  3. トピックス一覧
  4. >
  5. 「日本工業経済新聞(茨城版:平成23年7月21日)に天井耐震診断士講習会(水戸)が掲載されました。」

トピックス

日本工業経済新聞(茨城版:平成23年7月21日)に天井耐震診断士講習会(水戸)が掲載されました。

日本工業経済新聞(茨城版:平成23年7月21日)に

 天井耐震診断士を育成 JACCA 認定講習会を開く

が掲載されました。

 

<内容>

 日本耐震天井施工協同組合(通称:JACCA、高橋竹志代表理事)による天井耐震診断士の認定講習会が12日、県開発公社ビル3階で開かれた。当日は診断士の認定を目指す内装工事業者ら約20人が受講した。

 講習会では、JACCA技術委員会の委員長である塩入徹氏と技術指導員の荒井智一氏が講師を務め、天井耐震診断士の概要から地震による天井の被害状況、建築基準法令・定期報告制度、そして天井の診断ポイント、耐震対策などを説明。

 その後、修了考査を実施し、講習の内容を正しく理解しているかをチェック。合否は後日連絡になるという。

 天井の耐震診断士認定制度は、2008年に国土交通省の告示第282号で、天井耐震対策の定期点検・報告が義務化されたことを背景に、準備が進められ、今年4月からスタートした。

 国の認定団体であるJACCAが講習会の合格者(修了者)に天井耐震診断士の認定書を発行し、国家資格(建築士など)を有することで、天井耐震診断士としての資格を持つことができる。

 今回の震災では、ホール天井の落下事故などが多く発生したことから、天井の耐震診断士にはさらに注目が集まるものと見られる。

 JACCAでは、天井耐震診断士のほか、耐震施工技術者、耐震のセミナーを実施している。各種セミナーの申し込みは、電話03-3539-6569まで。

 

※日本工業経済新聞社のサイトはこちらから
 https://www.nikoukei.co.jp/index.html

 


2011年07月22日 更新