1. トップページ
  2. >
  3. トピックス一覧
  4. >
  5. 「日本経済新聞に"大型施設 天井の耐震化進まず"という記事が掲載されました。」

トピックス

日本経済新聞に"大型施設 天井の耐震化進まず"という記事が掲載されました。

2009年11月10日(火)日本経済新聞の夕刊に『体育館・劇場など大型施設天井の耐震化進まず』という記事が掲載されました。

 

記事内容

今年3月で大型の建築物で耐震部分の耐震化の対策済みは建物全体の約17%。体育館は避難所にも使われ、天井が落ちれば二次被害の危険も。専門家は「国は明確な耐震基準をつくるべきだ」と指摘する。国交省の3月調査によると、体育館などは5000平方メートル以上の空間を持つ建物で、天井に問題があるのは4901ヶ所、対策が済んだのは860ヶ所のみ。

2005年、宮崎県南部の地震で仙台市の屋内プールの天井が落ち、35人が重軽傷。今年8月の静岡・駿河湾の地震でも多数の体育館やプール天井が落下。地震のたびに大型建物は被害が出ている。天井の耐震性に詳しい東工大、元結正次郎准教授は「国の指示通り作ると、揺れで一部に力が集まり、崩落するケースがある」と指摘。「国は研究を進めて明確な耐震基準を作るべきだ」としている。


2009年11月13日 更新